スクラッチは、実際にプログラミングをする時に使う概念を体験することができます。
どうしても、本格的なプログラムに比べると子供っぽく見えてしましますが、上級者になれば、高度なゲームなどを作る事もできるようになります。
下記に、スクラッチをベースにした用語や使い方をまとめました。
これからブログで記事をまとめていくので、興味のある人や気になっている人ものぞいてみてください。

目次

00 Scratch(スクラッチ) アカウントの作り方 →
01 プログラム →
02 イベント01 →
  イベント02 →
03 座標 →
04 変数01 →
  変数02 →
05 メッセージ01 →
  メッセージ02 →
06 条件分岐 →
07 ループ処理 →
08 クローン →
09 アルゴリズム →
10 配列(リスト) →
11 値ブロックと真偽ブロック →
12 ステータス →
13 関数(ファンクション)01 →
  関数(ファンクション)02 →
14 乱数 →